m-floとのコラボレーションによるアニメーションDVD「Amazing Nuts!」12月6日リリース!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分がどこに行きたいかを知る
20050719023606.jpg
こんにちは。デザインプロダクト:REALWORDS UNDERGROUNDの中山大輔です。数多くのご意見をお寄せ頂大変ありがとうございます。

 ここに掲載している線画について色々ご質問頂くのですが、実は自分は25歳過ぎるまではバイクとオネーチャンに夢中で、何か自己表したいとゆう事もなかったので、“自分の絵”というものは特に描いた事ありません。早くからプロを目指して絵を描いたりしている方を見るとうらやましい限りです。
 
ちょうど自分の仕事を作り出したいと考え始めた頃、森本晃司さんにはじめてお会いした時に「いつもラクガキはしてるけどネ。自分が最近何が好きなのかわかるよ。」とアドバイスをもらい、なるほど!とB5位のワラハンの紙のリング式ノートにペンで書き始めたのが最初です。それが26歳くらい。すっごいスロースタート。それも熱心にやっていたわけでもなくサボったことも多いわけですが。

 経験上言えることは、自分がこうゆう風に描こう!と決めて描くと全然楽しくないけど、筆に任せて描いた結果「あぁ、俺ってこういうの好きなんだ」と判ると楽しいようです。他人の作風を真似るのではなく、筆の進むがままに任せた方が自己検証しやすいと思います。結果自分の方向や適正がわかってグラフィックへ進んだり、アートへ進んだり、漫画へ進んだりすればその先楽なんではないでしょうか。

 ギターが好きでギターを弾くのか、目立ちたくて好きでもないギターを弾くのかでは上達に差がでると思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2005/07/20(水) 04:26:21 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。