m-floとのコラボレーションによるアニメーションDVD「Amazing Nuts!」12月6日リリース!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お金を頂いて自己表現できるありがたさ
03-03-04-010.jpg
こんにちは、デザインプロダクト REALWORDS UNDRGROUNDの中山大輔です。

今回のkubotanの記事を読んで思った…というか常日頃考えているのですが、クリエーターがアーティストと違う点はまずクライアントがあって仕事がある点でだと思います。お金を払って家を建てて住むのはクライアントなのに、「こういうのがイイ!」と自分の今のテーマやや趣味を押し付けて相手の話を聞かず、チャンスを逃してしまう方を確かに見受けます。クリエイトは出資者との共同作業であって、共通のヴィジョンと信頼関係が大切であるように考えています。それには先ずクライアントに対するリスペクトの気持ちが大前提ではないでしょうか。kubotanさんはその事を良く知っている人なのでしょう。クライアントから信頼されているみたいですね。
 
 もし本当に自分の表現したいイメージを世の中に出して行きたいなら、多くの仕事をこなしつつも自分のイメージを少しでも織り込んで行く粘り強さとシタタカサも必要だと思います。相手もそれを望んでいることが多く、そのうち自然とアーチストとしての力を求められるようになるものです。世の中には一見自分の好きなようにやって成功している様に見えるヒトも多いし、事実いますが、裏ではそれなりの努力をしてきた人がほとんどの様です(本人は別に努力したと思ってなかったりするけど)。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。