m-floとのコラボレーションによるアニメーションDVD「Amazing Nuts!」12月6日リリース!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キャラデ考
ここの絵は削除されました。
自主規制タイマー。
こんにちは。デザインプロダクトREALWORDS UNDERGROUNDの中山大輔です。

これ誰かって?再々「レ○ン」です。まるで別人ですが。シナリオの方向性とそぐわず一撃で没を食らいました。以降、誰にも相手にされず葬り去られたキャラです(悲笑)。いずれまたどこかで会うかも。なぜかエクーの服を着てますね。

 アルスのキャラクターラインは4℃作品としてみればは比較的オーソドクスに振られています。
僕個人のアルスという作品のプロデュースの考え方として、世界観が十分に異質である点も踏まえ、あまり観客を置き去りにしたような尖がらせ方をさせたくないという点がありました。多くの人が観て、美形は美形と感じられるラインを保たせようと注力したつもりです(こういう面では意見を戦わせる部分も出たかも)。なにしろアニメ界ではアルス一人とっても十分異様でしたし。全体的にリアル傾向なった点についてはスケジュール面や作画強度などのリスクヘッジの点で弱くなってしまい、課題ともなりました。超集団作業である商業アニメーションのキャラクター設計にはキャラデザインと違い、後の各セクションにおける作業強度やコスト面での調整も要素としてあります。もちろん感情移入の要素は最重要課題です。
 ちなみにこの「レ○ン」はプリプロダクション段階で人物像自体が決着せず、出番の#17あたりまで数ヶ月間放置とゆう事になりました。コンセプトとして〝不思議ちゃん〟の方向が固まった時点で私がイメージしたのは、桑島法子さんの初対面の時の印象です。実際の桑島さん自身はシー○と随分ちがい、〝ほわ~っ〟とした中に何か神秘的で宙に浮いてるような雰囲気のある方で、そのイメージのままに描き、皆さんご存知のかたちとなった次第です。

とまあ実にメンドクサそうに見えるかもしれませんが、アルスは漫画原作のない類まれなオリジナルアニメーション企画でもあり、大勢でよってたかって創る文化祭的楽しさの部分でもあるわけです。幸福な作品といえます。ただ、今後の僕自身は自分の好きなHIP HOPやクラブカルチャー的匂いのあるものを勝手にアホに造るべく活動していくつもりです。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
毎度!こんにちは。
アルスはムック本等の書籍が出ていないので、こういったお話は大変興味深いです。

 随分と女性的だったんですねぇレ〇ンちゃん。
髪型がとっても素敵です。色とかどんな感じの想定だったのでしょうか。
 中山さんの仰る、世界観が異質でありながら
観客を置き去りにしたような尖らせ方は×、という考えは
僕にとってドンピシャのストライクでした。
 魔法物語の基本を押さえながらも異質な世界観を
生み出して頂けた故に惹かれたように思います。

 アルスの書籍、喉から手が出るほど欲しいですが世に出ないでしょうかねぇ・・
2005/07/09(土) 22:28:16 | URL | DarkWolf #-[ 編集]
こんにちは、ちかです。
レ○ン、かっこよすぎます。表情がステキでツボにはまりました。女性的だけどカッコイイ。中山さんの描かれるキャラクターはどうしてこんなにツボにはまるんでしょう。たまりません。
2005/07/11(月) 08:16:56 | URL | ちか #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
アニメ「魔法少女隊アルス」が大好きでだいすきでたまりません。本編の放送は終わってしまっても、私の中では現在進行形で「大好き」がとまりません。本当に大好きです。夏に続編「アルス THE ADVENTURE (仮)」もやるらしいとのウワサだし、もうたまりません。キャラクター
2005/07/11(月) 11:27:28 | つれづれ・ちか室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。