m-floとのコラボレーションによるアニメーションDVD「Amazing Nuts!」12月6日リリース!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イメージ
バタフライガール

 この二人とはもう5年以上の付き合いになるかも知れない。今の様な形では無かったにせよ、少なくとも原型のようなものはその頃すでに存在していたと思う。

 その頃の僕はというと、すっかり失意の中にいた。「お先真っ暗」という言葉通り本当に真っ暗な壁のようなモノしか見えず一寸先の事すらも想い描く事が出来きないような状態。苛立ちと絶望感と無気力に支配され、他人に対する不満をエネルギーにかろうじて絵は描き続けていた。自分の中の不満の種にはまだ気が付かずにいた。

 音楽はよく聴いていた。僕の専門はHIP HOPで、ゴリゴリなやつもいいけどPeatRockのようなディープでアーバンなインストモノが特に好きだった。そこから自然な流れでMondGrossoに行き着いた。ちょうどbirdが出た頃。ZEEBRAの「未来への鍵」で気になっていた音だった。その頃辺りから僕の絵はその都会的な音にあこがれて「グルーヴ感」みたいなモノをテーマに少しずつ変わり始めていた(それまではジブリっぽかったし)。

 いつものように聴いていたラジオから「NOW YOU KNOW BETER」が流れていた。美しいギターと歌詞がスッと自分の中に入り込んでくる。おそらく自分でも気がつかない心の乾きがあったのだろう。涙が勝手に流れ出てきて止まらなくなった。それから僕は今までの自分の何が足りなくて、今何をすべきなのかを見つめなおした。


その当時僕はまだ手帳のことは知らなかった。その頃から今まで唯一続けていた事といえば、大沢伸一を聴き続けていた事。それもほとんど毎日のように聴きいていた。具体的な目標も無かったし、当時の僕には正直あまりにもかけ離れた遠い世界であったが、いつか大沢さんの関わる仕事に自分で絵をつけられたらなーと漠然とであるが想い描いていた。僕は大沢さんの音楽を聴き続けることでイメージを保ち続けたのだと思う。

 このブログの読者に絵を志す学生の方が多いので、その方たちに一つだけ伝えられることがあるとすれば自分がイメージした事は、好むと好まざるにかかわらず何かの形で現実となるという事。〝こうなりたい〟という願いが叶うわけではなく、心の奥底で描き信じ込んだイメージが事が現実となる。口でどんなにデキル!と言っても心の奥底で「やっぱ無理かも」とよぎったのならば、それが現実となる。良いイメージを保ち続けたいものです。それから神様は意地悪なので、物事が実現する前に試練(それも結構過酷な)に隠してやってきます。たいていの人はそこで諦めてしまう。しかし、その試練が来た時こそイメージが実現する直前の〝予兆〟だということを知っていればたいていの事は乗り越えられると思います。まず辞めないこと。諦めない事。









スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
同感です。
>まず辞めないこと。諦めない事。

激しく同感です。
諦めた瞬間に努力しなくなるし
自分の場合は諦めようとした瞬間踏ん張ると
次に繋がるって事よくありますね、何故か。
結構それば紙一重だったりして
災難なのか試練なのかよくわかりませんが。

諦めが悪いミネタクでした。
2006/03/06(月) 13:00:48 | URL | ミネタク #TY.N/4k.[ 編集]
それじゃ、今がその試練なのかも;;

自信の中に「出来ないかも」という疑心が『混じりこんでくる、この混じりっけを綺麗に消す術はないのだろーか?』の答えを出すいうことに囚われていましたが・・・
そうじゃなかったのか・・・たしかに、いつも同じとこ(考えるて行き着く先)をグルグル回っていただけの様に思える。
2006/03/06(月) 14:35:45 | URL | ビン太 #-[ 編集]
それじゃ、今がその試練なのかも;;

『自信の中に「出来ないかも」という疑心が混じりこんでくる、この混じりっけを綺麗に消す術はないのだろーか?』の答えを出すいうことに囚われていましたが・・・
そうじゃなかったのか・・・たしかに、いつも同じとこ(考えるて行き着く先)をグルグル回っていただけの様に思える。

(すいません訂正、 『 ←の位置間違いです;; 細かいですが、そのままだと意味違ってくるんで)
2006/03/06(月) 14:46:38 | URL | ビン太 #o25/X8aE[ 編集]
サッカー旧ユーゴ代表監督で現ジェフ千葉監督のイビチャ・オシム
が新しく入団する選手の親に対して言った言葉。
「あなたは、息子さんを 最後まであきらめずに走る子供 に育てましたか?
もしそうでなければ期待をしない方がいいでしょう。もしそうなら、私が責任を持って育てます。」
2006/03/06(月) 16:43:35 | URL | ヨネ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/03/07(火) 13:54:57 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/03/07(火) 14:09:04 | | #[ 編集]
コメントありがとうございます。僕より才能のある方々というのは周囲にたくさんいましたが、今にして思えばそのすぐ先に道が開ける所で他分野へ転進されるかとがおおかったように思えます。ご縁と流れに従いきちんと準備を整えていれば時は自然にやって
くるそうです。それが運のことなのかも。
2006/03/08(水) 12:26:52 | URL | nakayama #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。