m-floとのコラボレーションによるアニメーションDVD「Amazing Nuts!」12月6日リリース!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お悩み相談
ekitabu

○塚さんへ。

アツイメッセージありがとうございます。〝どうすれば絵が上手くなるのか〟、という質問だと思いますが、ここのところは相変わらず「たくさん描いて下さい」としか言えません。なるべく自分の好きなものを探しながら描くと良いと思います。一点気をつけてほしいのは、自分は「○○サン様になりたい」から描くのか、それとも「三度の飯よりも描くのが好き」だから描くのか…という点。よくギターに例えて話すのですが、ある有名ミュージシャンがいてその人にあこがれてギターを始めた二人がいます。片方は「○○さんのようにモテタイ」だけだったのでギターを弾くのは別に好きでもなくあまり上達しません。もう片方はギターそのものの魅力に取り付かれてしまい寝ても覚めてもギターのことを考え一日中ギターを弾いています。どちらが上手くなるかは明白です。前者が悪いわけではなく「自分をカッコヨク見せる!」というエンターテインの部分に集中してやって行くやり方もあるので、自分がどういうタイプなのかしっかり把握しながらやると良いと思います。ちなみに僕は前者です。

 専門学校は、自分の画力を全国平均でどれくらいなのか把握するのには良いと思いますが直接的に何かのスキルを上げることは難しいと思います。クラスメイトもその後同じ業界に進んだり、異業間の人脈になったりするという利点もありますが、現場にもぐり込みさえすればお金をもらいながらプロのスキルを身につけられるのでプロの現場に果敢にアタックする手をお勧めします。とはいえ、やはりクリエーションの現場を目指すなら大学を強くお勧めします。

毎年全国で膨大な数の学生さんがクリエーターになるべく進学就職クリエーターとして活躍する人は一部です。自分が〝モノ作り〟を本当に好きなら続けられると思いますが、実際はそうではなく、後年経過してから辞めてゆく方も相当おられますので、自分はどういったやり方ならスキナモノにかかわって行けるのかを見極めると良いと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ありがとうございます!
こんばんは、お忙しい中お返事を書いてくださって本当にありがとうございます!

「忙しいだろうから返事はこないだろうなぁ…」

と、勝手に凹んでしばらくパソコンを開かなかったので
お礼をいうのが遅れてしまいました(汗)。すいません。

こんなに親身になって相談にのって頂いて…とても貴重なお話をありがとうございます。
将来の進路について新しい道を知ることができました。
中山先生に相談して本当に良かったと、心からそう思います。
あぁ、なんかまた長く…(汗)。何度お礼を言っても言い足りないです!(>□<)
一生忘れられない経験ができました。本当にありがとうございました!!
2006/01/21(土) 21:35:46 | URL | 史塚 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。